副腎腫瘍



受診科:外科・内分泌外科・内分泌内科
副腎は2個の腎臓のそれぞれの上にのっている親指大の器官で、いくつかのホルモンを分泌する働きがあります。ここにはいろいろな種類の腫瘍ができますが、大部分は良性で、悪性のもの(がん)はわずかです。いずれにしても、腫瘍のためホルモンバランスが崩れ、原発性アルドステロン症や、クッシング症候群、褐色細胞腫などの病気がひきおこされます。

原因

腎臓に腫瘍が発生する根本的な原因はまだわかっていません。

その点は、ほかの多くのがんと同様です。

症状

腫瘍が発生すると、腎臓が分泌しているホルモンの一つ、あるいは複数が過剰に分泌されるようになり、その結果としてからだにさまざまな異常があらわれます。

クッシング症候群

おもに、コルチゾールというタイプのホルモンが過剰に分泌されることによって起こります。丸顔になってくる満月性顔貌と、腹・胸などからだの中心は太ってくるのに手足はやせていく中心性肥満が特徴で、そのほかにも、高血圧、月経異常、性欲低下、伸展性皮膚線条(皮膚が薄くなって亀裂を生じ、血管が透けてみえる)、糖尿病、多毛、にきび、精神症状などがみられることもあります。

褐色細胞腫

血圧をコントロールするカテコールアミン(アドレナリン・ノルアドレナリン)が過剰分泌されるため、高血圧やそれに伴う頭痛、同期、顔面紅潮、発汗過多などの症状が起こります。

副腎性器症候群

性ホルモンの過剰分泌によるものです。男性ホルモン過剰の場合、男性には特別な影響は表れませんが、女性は声がふとくなったりひげが生えたりするほか、月経がなくなることもあります。また、女性ホルモン過剰の場合は、男性の乳房が女性のように大きく膨らみ、女性では月経が頻発するなどの異常が起こります。

診断・治療

CTスキャン、MRI、副腎血管の造影X線撮影のほか、シンチグラフィーといって、放射性の物質が副腎へ集まるようにして、その分布具合から腫瘍をとらえる検査なども行います。

治療は手術が原則で、腫瘍を副腎ごと摘出します。細菌では、腹腔鏡下手術が主流となっています。また、薬剤療法を補助的に用いることもあります。

予後・経過

副腎がんは再発の可能性が高く、生命に関わる危険の大きい病気です。

自己診察

DEMECALは健康診断を受けたいけど、忙しくてなかなか受ける時間がない。DEMECALはそんな方にとても便利な在宅型血液検査キットです。

在宅スタイルの血液検査サービスでは唯一、厚生労働省から管理医療機器として承認されたキットで、医療機関と同等の検査精度を誇ります。

指先から少量の血液を採血することで、生活習慣病や、胃がんや乳がんといった各種がんリスク検査、感染症などの検査が可能です。

予防・再発予防

日本では、医薬品として認可されていませんが、CBDオイルはアメリカでてんかん・がんに効果があるという論文がいくつも発表されています。

特に有名なCBDオイルは
CBDオイルボタニカル 楽天

純度99%のCBDオイル CANOVY

などです。