頭部外傷



受診科:脳神経内科・脳外科
頭部にけがをした場合は、表面に見える傷と、内部の脳が受けた損傷の、療法の治療が必要となることがあります。

原因

交通事故がもっとも多く、全体の70%を占めています。ほかには労働時の事故、レクレーションやスポーツ中の事故などです。

症状

頭痛、吐きけ、けいれん、一時的な意識消失、健忘といわれる記憶障害、そして治療後にみられる後遺症です。

後遺症は、ちょっとした違和感を感じる程度の軽いものから、言葉がうまく話せなくなる、失語症や手足の麻痺まで幅広い症状があります。そして、最悪の場合は植物人間状態になってしまう可能性もあるので、できるだけ早く病院で検査を受け、すみやかに症状にあった治療を受けましょう。

診断・治療

なんらかの理由で頭部に傷を負った際、外傷の状態をみるのも大切ですが、内部にある脳にも影響を及ぼしている場合があるので、まず最初に意識障害があるかどうかを調べます。

たとえ表面に傷がなかったとしても、脳が損傷している可能性もあるので、脳神経外科で診察を受けてください。

疑わしい症状は呼吸が不規則で、速い、瞳の大きさが右と左で違う、ときどき脈が測れないなどです。

CTスキャンなどで頭蓋骨内部の診断をした結果、脳に損傷がなければ、通常の外傷と同じで、傷口を消毒したのちに、必要があれば縫合します。

頭蓋骨骨折は、ひびが線上に入る線上骨折、頭蓋骨が脳の側にくぼんでしまう頭蓋底骨折の3種類に分けられます。

外傷によって、頭蓋骨の中で出血が起こった場合、血管から流れ出た血液や折れた頭蓋骨が脳を圧迫するため、その場所に応じたさまざまな神経障害を引き起こします。

そこで、頭部を開いてたまった血液や骨片を取り除き、処置します。

頭部にけがをしたときには

  1. 外傷の状態を調べる
  2. 名前を呼ぶ
  3. 患者の意識を調べるために大きな声で呼びかけます。はっきりした答えが返ってこない、ボーッとしている、自分の名前を忘れているなどの場合には、脳に傷を受けている可能性があります。

  4. 清潔な布で押さえて、圧迫止血する
  5. 意識がはっきりしていても、寝かせて様子をみる
  6. 意識がない場合は、体をゆすったりしない

以下の場合は一刻も早く病院へ

  • 意識不明
  • 吐き気
  • 手足の麻痺
  • 耳・鼻・口からの出血または液体が出ている