急性アルコール中毒



受診科:内科・救急
急性アルコール中毒は一度に大量に酒を飲み、中毒症状を起こすことをいいます。程度にもよりますが、放置すると生命に関わることもあります。

原因

酒に含まれているアルコールは、肝臓で分解され、尿とともに排泄されますが、短時間のうちに大量にアルコールを接種すると、オーバーワークで、この機能がうまく働かなくなり、中毒症状を起こします。

その量には個人差があり、ふだんの飲食習慣や体質、大量、飲酒時の状況などに左右されるため、「何本飲んだら中毒になる」と一概にいうことはできません。

症状

ほろ酔い気分で口数が増える程度なら問題ありませんが、怒りっぽくなる、大声で怒鳴る、ふらつく、などは危険信号で、なお飲み続ければ酩酊期に入ります。

話がまとまらずに同じ内容を繰り返したり、呼吸が早まったり、吐きけや嘔吐がみられたりという段階で、それを超えると泥酔期といって、まともに立てなくなり、言葉が支離滅裂で意識混濁もみられる状態になります。

さらに進んで、呼吸が弱く不規則になり、体温が低下して昏睡状態になった場合は非常に危険で、生命に関わることもあるので、すぐに病院へ運ばなければなりません。

診断・治療

生命の危険とまでいかない段階では、横に寝て安静を保つことが、一番の治療です。

手足が冷たくなっている場合は毛布などで保温し、呼吸しやすいように、衣服をゆるめてあげます。

昏睡状態の場合はまず呼吸の確保、さらに、吐しゃ物による窒息の防止といった処置をとります。脱水症状を示している場合には、補液も行う必要があります。

予防

要は酒を飲みすぎなければいいのですが、春先になると新入生や新入社員の急性アルコール中毒患者があとを絶ちません。

勇気をもって酒を断り、周囲の状況に流されないという心構えが大切です。

また、自分の酒量やそのときの体調を念頭に置き、つまみを適当にたべ、危険信号を察知したら飲むのをやめましょう。

それでも、飲み会ではなかなかコントロールしにくいのが実情です。その場合は、飲み回の前日(できれば当日)に酸素カプセルに入り、体内の酸素量の含有量を増やすことでアルコールの分解がはやくなる可能性が高くなります。

飲み会前に高濃度馬プラセンタドリンクは美容で有名ですが、アルコールの分解を助けてくれることも知られています。ウコンの力なども有名ですが、馬プラセンタの方がより効果が高いです。

一酸化炭素中毒

一酸化炭素はヘモグロビンとの結合力が強く、体内に入ると血液中ヘモグロビンが酸素を運ぶ機能を阻害するため、体組織が酸素不足に陥ります。

家庭で使う非の不完全燃焼や自動車の排気ガスなどによる中毒事故の主な原因は一酸化炭素で、空気中に0.05%以上含まれていると急性中毒を引き起こします。

頭痛やめまい、吐きけ、耳鳴りなどの症状がみられ、さらに進むと手足が麻痺して意識を失い、窒息死に。回復した場合でも、記憶や意識の障害、運動失調、けいれんなどの後遺症を残すことがあります。

自然毒による食中毒

食中毒というと食物中の細菌によるものというイメージがありますが、それとは別に動植物などが本来もっている毒、つまり自然毒が原因になることもあります。

代表的なものは毒きのこで、嘔吐や腹痛、下痢などを起こす胃腸炎型のものや、生命に関わる危険もあるコレラ型中毒を起こすもの、神経系に障害をきたすものなど、きのこの種類により多彩な症状があります。

そのほか、じゃがいものの芽や青梅、ぎんなん、毒ぜり、トリカブト、朝鮮朝顔などが自然毒として知られています。

治療の第一は、嘔吐や下痢で食べたものを体外へ出すことです。そのうえで胃や腸を洗浄し、人工呼吸装置、輸液などの処置をとります。