熱中症



受診科:内科・小児科
熱が、身体にこもって倒れるもの。重症になると生命にかかわります。

原因

暑さのために、熱が体内にこもって、体温調節ができなくなるために起こります。過労や睡眠不足など、からだの調子を崩しているときに起こりやすくなります。

以前は、高温多湿化で倒れることを熱射病、直射日光にさらされて倒れることを日射病といい分けていましたが、現在は両方合わせて熱中症と呼んでいます。

症状

最初、だるくなって頭が痛くなり、生あくびがでます。この時点で涼しい場所に移り、水分を補給すれば治るのですが、そのまま熱い場所にいると、だんだんと頭がぼんやりしてきて、意識を失います。このとき体温は、38度から40度以上に上がっています。

意識を失っているにもかかわらず、うわごとをいったり、けいれんを起こしたりしていれば、かなりの重症です。意識が戻りそうにない場合は、生命にかかわることもあるので、一刻も早く救急病院へ運ばなければなりません。

治療

涼しい場所に寝かせ、衣類を脱がせて体内の熱を発散させます。また、氷まくらや、水でしぼったタオルなどで、頭や手足を冷やします。

意識があって水を欲しがるときのみ、水分を与え、意識が戻ったら、すぐに内科を受診します。

予防

高温多湿の場合、熱がこもらない服装をし、炎天下では帽子をかぶるようにしましょう。汗をかいたら水分を補給し、ときどき涼しい場所で休むことが大切です。

炎天下に停めた自動車内に乳幼児をおくと、数分で発症しますので、絶対にやめてください。