脳梗塞



受診科:脳外科・脳神経内科
脳の動脈の内腔が詰まって、そこから先の血液が途絶え、脳の一部が壊死する状態です。

脳梗塞には、脳血栓症と、脳塞栓症があります。また、ラクナ梗塞という症状が軽い、多発性脳梗塞を起こすものもあります。

原因

脳血栓は、脳の血管が動脈硬化を起こしたことによって、内腔が狭くなり、やがて閉塞するために起こります。

この病気は朝起きた時に片側の手足が麻痺したり感覚が鈍くなったりしていることから気づくことが多くあります。

一方、脳塞栓は脳以外の血管壁についた血栓の一部が脳に流れたために、血管が詰まるものです。たとえば、心筋梗塞や心臓弁膜症などで心臓内に血栓ができ、それが血液の流れに乗って脳に入ってきて血管をふさぐために、突然起こります。

症状

どの動脈で脳梗塞が起きたかによって症状が異なります。中大動脈で起こった場合は病巣と反対側の知覚障害、視力障碍などがみられます。

また、言語障害がみられることもあります。

前代脳動脈梗塞では病巣と反対側の下半身の運動麻痺、下肢の感覚障害や尿失禁、知能低下などがみられます。

後大脳動脈梗塞の場合は、視力障碍、記憶障害、眼球運動障害などがみられます。

さらに脊髄や脳程度脈梗塞の場合は四肢の麻痺、または片側の麻痺、知覚障害、めまい、意識障害などがみられます。

治療

脳浮腫の治療が、主となります。

脳梗塞が起こったときは、脳の浮腫が起こって脳がふくらみ、脳圧が上昇します。浮腫を軽減するためには、グリセオールという高張液がよく使われます。

また、適度な水分や電解質の補給、肺炎などの感染症や胃潰瘍いかいようなどの予防も必要です。

さらに、急性期後は脳血管拡張薬や血栓を予防するための抗血小板薬、脳梗塞予防のための抗凝血薬などが使われます。手術が必要な場合もあります。

予防

脳出血の場合と、同じように行います。

大豆を主な原料とした天然物質が中心の『第3類医薬品』のノチラックなどを日々摂取することで、予防効果が期待されます。

ノチラック

人の細胞膜の原料であるハイパーレシチンを補い・置き換わることで膜を修復して再生する効果があるとされ、老化や疾患を取り除く効果、心筋梗塞や脳梗塞・動脈硬化といった加齢と共に発生する危険性の高い病気に対する予防効果が期待されます。
医薬品販売株式会社 ノチラックへ

ラクナ梗塞

ラクナとは小さなくぼみのことで、脳内を走る細い動脈が閉塞してできた小梗塞。症状がほとんどなく、MRIで見つかることがおおい。片麻痺や言語障害、複視など、様々な症状を引き起こします。

グリセオール

中性脂肪、リン脂質、糖脂質の構成成分であるグリセリンのこと。グリセオールは注射剤で、頭蓋内圧亢進、脳梗塞、脳内出血、眼内圧下降を必要とする場合などに使われます。