丹毒



受診科:皮膚科
丹毒たんどくは細菌感染により、皮膚に痛みを伴う炎症が起こる病気です。

原因

連鎖球菌といって、球形または卵形の外見の、鎖のように連なっている最近が原因です。皮膚上の小さな傷口などから体内に入り込むことが多いものです。また、頻度は多くありませんが、ときに黄色ぶどう球菌が原因菌となることもあります。

症状

真皮、すなわち表皮のすぐ下にある皮膚組織が細菌に感染し、化膿性の炎症を起こすものです。感染後、2~5日の潜伏期間をおいて発病し、顔や手足に赤いはれができて高熱や頭痛などの症状もみられます。このはれは、境界線がはっきりしていることと、焼けるような、あるいは圧迫されるような強い痛みを伴うところに特徴があります。大腿部の下部に発生することがもっとも多く、ついで顔や耳にも発生しますが、それらの場所のみに限られるわけではなく、全身のどの部分にも起こることがあります。

また、はれの近くにあるリンパ節もはれて痛みます。

診断・治療

抗生物質による治療が効果を発揮しています。抗生物質を内服薬として、用いると同時に、はれの部分には抗生物質の軟膏を塗り、その上から冷湿布をあてます。また、安静を保つことも大事です。