接触性皮膚炎(かぶれ)



受診科:皮膚科
皮膚炎を起こした原因のわかるものをかぶれといい、アレルギー性のものと非アレルギー性のものがあります。

原因

洗剤、化粧品、漆、ぎんなん、ナイロン、ゴム、木材、農薬、指輪やネックレスなどの原因物質が、皮膚に接触することによって発症します。非アレルギー性のかぶれは、原因物質の量が一定を超えれば、はじめての接触でだれにでも発症します。酸・アルカリ・鉱油などがその例で、接触してすぐに症状がでるのが特徴です。

アレルギー性の場合は、はじめての接触でアレルギー状態が成立し、同じ物質に再接触したた場合に発症します。

過去何年にもわたって接触していても症状が出ず、ある日突然アレルギーを起こして皮膚炎を招くこともあり、化粧品や白髪染めなどによるものがこれにあたります。

また、アレルギー状態になってから、原因物質を接種したり吸入したりして、血液の流れによって運ばれ全身に症状が出ることがあり、これを全身型接触皮膚炎と呼びます。(水銀、ニッケル、クロムなどによるもの)。

接触皮膚炎を起こす原因物質と起こりやすい部位

部位 原因物質
頭髪化粧品、シャンプー、コンディショナー
帽子、頭髪化粧品、白髪染め、ぎんなん
イヤリング、めがね、白髪染め、外用剤
目薬、眼帯、アイメイクアップ製品
口紅、歯みがき、歯科用品、マンゴー
頸部
ネックレス、ファスナー、毛皮、衣服、香水
わきの下
デオドラント製品、香水、石鹸
ゴム、金属、衣服、植物、洗剤、衣服、ナイロン、ブラジャー
胴体
外用剤、ゴム、石鹸、洗剤、衣服、ナイロン、ブラジャー
セメント、プラスチック、指輪、石鹸、洗剤、ノリ、ゴム、さくら草
陰部
殺菌剤、抗真菌剤、コンドーム、避妊剤、石鹸、化学繊維、痔薬、トイレットペーパー、ガーター
下肢
ゴム、ナイロン、衣服、外用剤、金属
靴、靴下、セメント、ゴム、プラスチック

症状

接触した部位に、境界のはっきりした皮疹が出ます。急に症状が出る場合は、赤くなって腫れたり、むくんだりする様子がはっきりしていて、分泌液を伴った粟粒ぐらいの丘疹ができます。かゆみやピリピリとした刺激感があり、しだいに水ぶくれができたり、ただれたりします。

おむつ皮膚炎

外陰部や肛門に、長時間汚れたおむつがあたることによて皮膚が刺激され、外陰や肛門が赤くなってただれ、はれてきます。ひどくなると、おむつをしている部位全体が赤くなることもあります。おむつ皮膚炎は、かつては乳児の皮膚病でしたが、この頃では、寝たきりのお年寄りにも少なくありません。

排尿、排便のたびに汚れたところをぬるま湯で洗い、きれいにしてからおむつを交換します。

ワセリンなどを外用して様子をみて、ひどいときは、弱めの副腎皮質ホルモン外用剤を用います。

診断・治療

接触した部位に一致して境界のはっきりした皮疹が出るため、すぐ診断できます。手の皮膚は厚いため、はじめに手に接触しても症状が出ず、手でよく触れる顔か頸部に皮疹が及ぶこともあるので、注意が必要です。ぎんなん拾い後にペニスだけが腫れるようなこともあります。

かぶれは、原因物質に接触しなければ発症しないので、治療の前提は原因物質を突き止めることにあります。皮疹の出た部位、出方、患者の職業とその内容、趣味、生活パターン、植物への接触の機会、化粧品の種類、水銀体温計を破壊しなかったか、いままで使った消毒剤や外用薬など、接触へのあらゆる機会を問診によって探り出します。

春先に手がかぶれたら、まずさくら草(プリムラ)をいじっていないか、口のまわりがかぶれたら、マンゴー(ウルシ科の植物)を食べなかったか、水虫がひどくなった場合は、市販の水虫の外用薬にかぶれているのではないかなどが、皮膚科外来で問診される代表的な質問事項です。

また、パッチテストによって、原因物質やアレルギー性かどうかを調べる場合もあります。くすりによるかぶれも多く、皮膚科で処方される非ステロイド系の外用剤でかぶれを起こし、アトピー性皮膚炎が悪化してもステロイド外用剤を避け、非ステロイド系の外用剤でがんばっているといった人に、薬によるかぶれがみられることも少なくありません。

皮疹やはれに対しては、副腎皮質ホルモンの入った軟膏を塗り、氷水や水道水で冷湿布をします。分泌液が出ていたり水ぶくれがあるときは、亜鉛華軟膏を使用します。

また、炎症の症状が激しい場合は、一時的に副腎皮質ホルモン剤の飲み薬を用いる場合もあります。かゆみには、抗ヒスタミン剤を内服します。

アレルギーを知る検査

アレルギー性の皮膚病には、じんま疹、薬疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎などがあります。アレルギー反応によるものと思われる皮膚症状が出たら、反応を起こしている原因物質(アレルゲン)はなにかを調べる検査をします。おもな検査法は次の3つです。

  1. RAST法

    血液検査をして血液中のlgE(体内でアレルゲンと結びついて抗原抗体反応を起こし、アレルギー疾患を誘発する抗体)とアレルゲンエキスを混ぜ合わせ、いろいろなアレルゲンに対する抗体の量を調べるものです。結果は数値であらわされます。

  2. 皮膚反応テスト

    プリュックテスト、スクラッチテストはアレルゲンになりやすい物質のエキスを皮膚に注射したり、針でひっかき傷をつくってエキスをたらして、皮膚の反応をみます。パッチテストは、アレルゲンエキスを仕込んだパッチテスト用絆創膏を皮膚に貼って反応をみるもんです。ただし、皮膚反応検査で陽性と出ただけでは、それをアレルゲンと確定することはできません。

  3. 吸引誘発テスト

    アレルゲンと疑われる物質を吸引して症状が誘発されれば、その物質をアレルゲンとするものです。食物アレルゲンについては、その食物を何日かとらないで症状が良くなるかをみたうえで、再度食べてみて症状が出たらアレルゲンと判定します。

予後・経過

副腎皮質ホルモン剤の外用で、ふつう一週間ほどで治ります。炎症の激しいときや、不適切な治療を行うと自家感作性皮膚炎を引き起こす場合があります。

また、原因物質がわからないまま、接触を繰り返すと、皮膚が分厚くなって、慢性湿疹に移行することがあります。

予防

原因物質をはっきりさせ、生活のなかから原因物質を断つことが大事です。職業上、接触の機会がある場合は、職場の転換について考えなければならない場合もあります。

敏感・デリケートの方向けに寝ている間のムズムズを抑えるサプリアレルナイトプラスなどを、毎日服用し、アレルギー体質を改善する一つとすることが大切です。

さらに、女性のデリケートゾーンの黒ずみなどでお悩みの場合に使用する外用剤は、アレルギー性があるか十分注意が必要です。ディープクリアジェルなどの、アレルギー物質が少ないものを使用すると安心できます。

サプリメントなどを利用する場合は、アレルギー性のないものを使用し、続けることで、症状緩和をすることが可能です。