酒さ



受診科:皮膚科
鼻の毛細血管が拡張したままになてしまって、透けて見えるもの。刺激物や飲酒を控えます。

原因

原因は分かっていませんが、中年以降に多く発症します。

症状

程度によって次の3つに分けられます。

第一酒さ(紅斑性酒さ)

額、頬、背中に赤い発疹が出、鼻の毛細血管が拡張して鼻の頭が油っぽく赤くなり、光っています。冬季やコーヒーや酒の飲みすぎでも悪化します。

第二酒さ(酒さ性挫瘡)

第一度がさらに悪化し、丘疹や面皰が加わります。

第三酒さ(鼻瘤)

鼻の頭にこぶのような盛り上がりができます。でこぼことしています。

診断・予防

第一度の情愛はいわゆる赤ら顔で、外見上、はっきり病的と感じるようなものではありません。気になる程度のものは、拡張した毛細血管を電気焼灼することもあります。

また、ビタミン剤やテトラサイクリン系の抗生物質を内用します。

イソトレチノインは、経口でも軟膏でも効果があります。ステロイドは悪化させてしまうので使いません。鼻瘤は、切除する形成外科的手術を行うこともあります。

酒さ様皮膚炎

湿疹などの治療のために副腎皮質ホルモン剤が入った軟膏を長い間つかっているうちに、口やあご、頬の毛細血管がひろがって真っ赤にはれ上がり、皮膚の表面がふけのようにぼろぼろとはがれてしまう病気です。軟膏の使用をやめれてば起きなくなりますが、湿疹が再発してしまうので、皮膚科で相談に乗ってもらうものが一番です。

経過・予防

だいたいが慢性化します。精神的ストレス、胃腸障害などが増悪因子となるので、安眠や胃腸の調子を整えること、便秘をしないことが大事です。

また、寒さや日光も悪化を招くため、冬に悪くなる傾向があります。毛細血管を拡張させること、香辛料やコーヒー、チョコレート、飲酒、喫煙などは控えるようにします。