メラノーマ



受診科:皮膚科
メラノーマ(悪性黒色腫)あくせいこくしょくしゅは俗に「ほくろがん」といわれるもので、内臓にも移転する、危険な皮膚がんです。

原因

メラニン色素をつくるメラノサイトが悪性化したもので、紫外線などの照射が誘因となっているといわれていますが、はっきりした原因は不明です。

症状

一般に真っ黒で、不規則な色むらがあります。形は不規則な縁辺をしていて、しみだしといって、色が薄くしみだしたようにみえます。また、表面がでこぼこして盛り上がってくることもあります。出血しやすいのですが、かゆみや痛みはありません。

急に大きくなりながら、不規則な形になるのも特徴です。このような特徴があっても、悪性でないものもありますし、色が黒くなく赤っぽいものでも悪性の場合があります。

診断・治療

悪性と良性の区別は難しく、症状で述べたような特徴に思いあたるようなほくろができたり、以前からあったほくろが急に大きくなったり色が変わったりしたときは、すぐに皮膚科を受診します。

ほかのがんに比べ、メラノーマは化学療法剤や放射線療法が効きにくいといわれているので、治療はまず手術による切除をし、術後にも化学療法を何回か行います。

ダーモスコピーが有用で、可能性があっても生検は禁忌です。

予後・経過

腫瘍が小さめのときでも、深くまで細胞が浸潤しているときは、内臓に転移する危険性が高くなります。

予防

早期発見・治療が最大の予防です。