にきび(尋常性挫瘡)



受診科:皮膚科
にきび(尋常性挫瘡じんじょうせいざそう)

跡を残さないためにも、自己流治療ではなく、皮膚科で治療しましょう。

原因

思春期に増加し活発になる男性ホルモンは、皮脂腺を刺激して皮脂を増やします。そして皮脂は導管を通って、毛包へと流れます。毛包が皮脂でいっぱいになると、こんどは毛孔のほうに押し出されます。

また、毛包が皮脂でいっぱいになると、脂肪を好むにきび桿菌が急激に増え始め、毛包を角化させる働きをもつ遊離脂肪酸ゆうりしぼうさんも増えてしまいます。この角化がにきびの第一段階です。

人の皮膚には常在菌という、いろいろな菌がすみついています。この菌は、ふだんは悪さをせずに、皮膚の生理機能を助けていますが、脂肪酸が増加すると、それが毛孔を刺激して赤い丘疹をつくりだし、この丘疹に常在菌や外からの細菌が感染することにより、濃疱ができてニキビになるのです。

診断・治療

にきびのもとになる、皮脂の分泌を抑えるためにビタミンB6製剤が、皮膚の新陳代謝を促すにはビタミンB2製剤を、毛孔の角化を抑えるにはビタミンA剤の内服が効果的です。

色素沈着を防ぐ目的でビタミンCも使われます。また、テトラサイクリン系の抗生物質も使われます。清上防全湯という漢方も有効です。

外用では、イオウ含有の薬用ニキビケアローション、また抗生物質や抗菌剤の入った軟膏(【薬用RGアクネ&スキンケアセット】なども有効)を使います。

【薬用 背綺麗プラス】などは背中ニキビにも有効です。

局所療法では、面胞圧出器めんほうあっしゅくきで上から圧迫して、内容物を取り出す方法があります。

ケミカルピーリングを行う場合には、日本皮膚科学会のガイドラインがあり、それに基づいて行われます。

市販薬もありますが、にきびの状態に応じて薬を使い分けなければならないので、皮膚科・美容皮膚科を受診したほうがよいでしょう。

経過・予後

炎症のあるニキビや、大きいものなどが、治ったあとに入れ替わり立ち替わり出ていると、皮膚が引っ込んだようなあばたになってしまいます。

また褐色のしみとなって残ることもあります。ひっかくこともしみの原因となります。

予防

穀類やいも類、甘いものは、皮脂の分泌を増やすので摂り過ぎないようにあります。

また、便秘をしないようにするのも大切です。【ファンケル】<快腸サポート> などで快便をこころがけましょう。

洗顔は洗顔フォームなどで行い、ぬるま湯で1日数回。化粧品はアクネケアたっぷりおためしキットなどの油脂分の少ないものを使い、必要以上にニキビに触らないよう、素早くすませます。

精神的ストレスも、ニキビに関係するといわれています。十分な睡眠をこころがけ、生活リズムを整え、ストレスをためないようにしましょう。

とくに青年期にはコンプレックスになることもあり、適切な治療を行うことが大切です。

ニキビのできるしくみ

  • 毛孔に開校する皮脂腺からさかんに皮脂が分泌されて、皮膚が脂っぽくなります。
  • 表皮の汚れが、皮脂と合わさって毛孔を詰まらせてしまいます。
  • 皮脂は外にでられなくなり表皮のなかでふくらんでニキビとなります。
  • さらにふくらむと表皮が破れてしまい、そこに細菌が感染すると化膿してしまいます。
  • 化膿してしまうと深いところにあるニキビの芯が炎症を起こすので、膿が出て治っても、皮膚に孔ができてしまいます。

夏みかんのような肌にしないためには、ニキビが小さいうちに治療することが大事です。

皮脂腺は、男性ホルモンの働きによって刺激を受けて分泌がさかんになるので、ニキビは女性より男性に多くあらわれます。