肝硬変



受診科:内科・肝臓科・消化器科
肝硬変かんこうへん
慢性肝硬変が長く続くと、肝細胞が壊れて繊維が増えてきます。この繊維がしこりになって肝臓が硬くなり、機能障害を起こします。

原因

長期間肝細胞が侵されると、肝細胞が壊れて繊維が増え、肝臓全体が硬くなって表面は凹凸状になり、血液の流れが悪くなって肝臓の機能が低下してきます。すると本来肝臓にかえるべき血液がほかへ流れ、食堂や胃の静脈瘤、痔などの病変が発生してきます。

代表的なものに、B型やC型のウイルス性肝炎、アルコールの過剰摂取、原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎などがあります。最近では、メタボリックシンドロームに関連した非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)も原因として注目されています。

症状

色素沈着が増すために皮膚が黒褐色になり、毛細血管が拡張して、てのひらが異常に赤くなります。また、へその部分の静脈がふくれて血管が浮き出て見えたり、症状が進むと黄疸になったりすることもあります。さらに食堂や胃の静脈瘤が破れて吐血したり、コールタールのような便になったりします。

もっと進行すれば、昏睡などの神経症状も出てきます。

ときには肝臓の性ホルモンの不活性化で、男性の乳房が女性のようにふくれてくることや、女性では、月経異常といった症状も出現することがあります。

診断・治療

血液中のAST(GOT)やALT(GPT)などを測定する肝機能検査を行います。

またZTT(硫酸亜鉛混濁反応)やTTT(チモール混濁反応)、γ-グロブリン(免疫グロブリン)、とヒアルロン酸の測定も行い、値が高くなったら要注意です。

このほかに超音波検査法やCT(コンピュータ断層撮影)といった肝臓の形態を診断する方法、静脈瘤の有無や肝がんを診断するために血管造影も行います。

さらに腹腔鏡で、組織検査を行うための肝生検をやれば、肝硬変の診断は確実です。

いったん硬くなった肝臓は元には戻せないので、治療は現状をいかに維持するかになります。

入院が必要なのは腹水や黄疸、静脈瘤などの症状がある場合です。内視鏡で硬化剤を注入して止血する、硬化療法を行います。

腹水がある場合は、利尿薬を使ったり腹腔へ針を刺して抜いたりすることもあります。

有効な治療法として、欧米では肝移植が行われています。日本でも、症例を選んで、行われるようになっています。

予後・経過

治療には時間がかかる病気なので、定期的に通院を続けながら食事や日常生活を規則正しく行うことが大切です。

食事は高たんぱく、高カロリーが原則。

とくに、塩分のとりすぎは腹水の症状を悪化させるので、1日5g以下の摂取量にします。

AST(GOT)・ALT(GPT)とは

肝細胞や多くの臓器の細胞中にある、たんぱく質を分解してアミノ酸をつくる酵素。

これらの細胞が破壊されるとAST(GOT)が大量に血液中に出て、数値が高くなります。

ALT(GPT)は肝細胞が破壊される病気の場合だけ、血清中に増加してくるものです。