アーノルド・キアリ奇形



受診科:循環器科
アーノルド・キアリ奇形は、脳の先天的な形態異常の一つで、水頭症を合併します。

原因・症状

小脳の一部が大後頭孔(後頭部の頭蓋骨の孔)を通って脊椎まで抜け出している、先天的な形態異常で、必ず水頭症を合併します。小脳といっしょに延髄も抜け出ていたり、頭蓋骨が扁平になっていたりするなど、ほかの携帯異常を伴うこともあり、生後まもなく発見される場合と、大人になってからの場合があります。

大人になってから発見される場合は、運動障害、知覚障害などや、脳神経や小脳の異常による症状がきっかけとなることがあります。

治療

水頭症の治療を行います。また、大後頭孔と丈夫頸椎の拡張手術をする場合があります。

予後

水頭症によるものの予後は比較的良好。

その他、発症の時期や程度によって予後は異なります。