受診科:内科・代謝科・糖尿病科
糖尿病とうにょうびょう
ブドウ糖が細胞で利用されるときに必要なインスリンが、不足しているか妨げられているかして、血糖が異常に増える病気です。

原因

ご飯やパンなどの糖質を摂取すると、ブドウ糖として血液中に吸収されて全身の臓器に運ばれ、細胞に取り込まれます。細胞ではエネルギーになったりグリコーゲンとして貯蔵されたり、脂肪や核酸などの合成の際に使われたりして有効に利用されるのです。

また、ブドウ糖は肝臓で必要に応じてつくられ、血液中に取り込まれて食物からのものと同じように脳や筋肉などのいろいろな細胞で使われるエネルギー源となります。ただし細胞でりようされるには、膵臓のインスリンというホルモンの働きが必要です。そのためインスリンが不足すると、ブドウ糖がエネルギー源として使われなくなり、血糖値が高くなってしまうのです。

インスリンが不足する原因としては、インスリンがつくられる膵臓のβ細胞が破壊されたためか、あるいはインスリンは正常につくられているのにインスリンの糖代謝作用が弱いことが考えられます。

β細胞が破壊されて起こるタイプを1型糖尿病、インスリンの作用が弱いタイプを2型糖尿病といいます。

ほかの原因としては、食事が豊かになったことからくる栄養過多と、生活が便利になって運動不足となり、肥満の人が増えていることが考えられます。

内臓脂肪の蓄積により、インスリンの感受性低下(インスリン抵抗性)が起こることも糖尿病の発症に関係します。

こういったケースのほとんどが非依存性糖尿です。肥満になるとインスリンの作用が低下し、さらにインスリンの分泌を障害するような遺伝的素因が重なると糖尿病になりやすいのです。

家族に糖尿病の人がいて、太っている人は要注意です。

症状

初期症状はさまざまですが、2型糖尿病に比べ、1型糖尿病は急激な症状があらわれます。腹痛や嘔吐、悪心、のどの渇き、多尿、頻尿、食欲亢進、体重減少、だるさなどが代表的な症状です。

診断・治療

簡易検査試験紙を利用して尿糖、ケトン体、尿たんぱくを調べると簡単に判定できます。

また、血液中のブドウ糖だけに反応する酵素を使った簡易検査試験紙を使えば、自分で血糖を測定することができます。

空腹時血糖値が126mg/dl以上、ブドウ糖負荷試験2時間値が200mg/dl以上、食事に無関係の随時血糖値が200mg/dl以上、のいずれかがあり、同時検査でHbA1c(日本応尿病学会値)が6.1%以上であれば、1回の採血だけでも、糖尿病と診断することになりました。検査の結果により、糖尿病型、糖尿病疑い、糖尿病、正常型に分類します。

一方、ブドウ糖は体内のたんぱく質と結合して糖化しますが、ヘモグロビンも血液中のブドウ糖と結合して糖化ヘモグロビンとなります。この糖化ヘモグロビンの量を調べると、糖尿病や血糖値のコントロールの具合を診断するのに役立ちます。6.1%以上は糖尿病の可能性があり、最近の研究でブドウ糖負荷試験の2時間値と相関があることがいわれています。

さらに糖尿病はいろいろな合併症を併発するので、眼底検査で網膜症があるかどうかを調べます。心筋梗塞も起こしやすいので、心電図検査も欠かせません。また神経障害をみるため、神経伝導速度測定なども行います。

治療は、食事療法、運動療法、薬物療法に加えて、規則正しい生活をすることが基本となります。

食事療法

食事療法は血糖を下げて
合併症を防ぐことを目的に行います。1日にとる食品の種類を20~30種類にすること、食物繊維の多いもの、果糖など糖分の過剰摂取を避けること、脂質は少なめにし、動物性脂肪と食物性脂肪をバランスよくとることなどを頭に置いて、身長や体重から自分の1日に必要なエネルギー量を計算して食物を摂取するように心がけます。

運動療法

運動療法は、糖尿病のコントロールが良い状態なら、適切な運動を行って、合併症を防ぐようにするものです。

若年者は各自の体力に合った運動を行い、中年の人は慣れた運動やウォーキングなどを1日30分ぐらい続けると効果的です。高齢者は無理のない範囲で、軽度の運動をおこなってください。両手両足を大げさに動かしながらのゆっくりとした散歩がよいです。

運動は激しすぎると症状を悪化させるので、十分注意しながら行うことが大切です。

薬物療法

薬物療法は食事・運動療法を行っても血糖値が下がらないときに、内服剤の服用を行います。これを、経口血糖降下剤療法といい、一般的にはスルホニル尿素材やα-グルコシダーゼ阻害剤などが使われます。

こうした内服剤を服用しても血糖値が下がらない場合は、インスリン注射を行います。

神経伝導速度測定

運動神経・知覚神経を刺激し、その伝導速度を測定することによって、神経障害の程度を調べる検査です。

予後・経過

糖尿病の治療は、生涯にわたって行われますから、家族の協力や理解が必要です。食事や運動など生活の基本を正しく守ることで、血糖をコントロールすることができ、症状もよくなっていくのです。

メタボリックシンドロームを起こさないための腹囲測定も大切です。

メタボの判定基準は糖尿病学会のものより厳しく設定されています。空腹時血糖値は100以上、HbA1cは、5.2以上でリスクとされます。

そして、自分の血糖のコントロールがうまくいっているかどうかを空腹時血液検査で確定し、肝機能や腎機能検査、心電図、眼底検査、胃のX線検査なども定期的に行って合併症の予防をします。

また、携帯用自己血糖測定器を用いて、自分で血糖を測定することも大切です。インスリン注射を行っている人は、やり方や薬の管理に十分注意を払ってください。

携帯用自己血糖測定器

各種の手軽な血糖測定器が市販されています。指先を注射針のようなもので刺して血液を1滴たらし、試験紙に塗れば血糖を簡単に測ることができます。