受診科:内科・婦人科
多嚢胞性卵巣症候群たのうほうせいらんそうしょうこうぐん
女性の不妊の原因となる病気の一つで、卵巣の中の卵胞が多数はれて大きくなることから、この病名がつけられています。

原因

くわしくはまだ解明されていませんが、脳の視床下部や下垂体の異常によるものと考えられています。これらホルモン分泌を調節している機能に障害が起こるため、黄体形成ホルモンや卵胞刺激ホルモンなどのバランス・分泌周期に狂いが生じるようです。

症状

  • 月経がなくなる
  • またはまれになる
  • 無排卵性の不妊症になる
  • 卵巣がはれて大きくなる
  • にきびができたり多毛になったりする

など男性ホルモン過剰による男性化徴候がみられる、肥満する、といった特徴があります。ただし、これらのすべてが必ず起こるとは限りません。

診断・治療

前述の症状をみるほか、超音波検査、腹腔鏡による観察、内分泌の検査などを行います。

妊娠を希望する場合は、排卵誘発薬のクロミフェンなどを用いて治療します。

また、卵巣楔状切除術などの外科的療法をとるケースもあります。