脊髄空洞症



受診科:脳神経内科
脊髄空洞症せきずいくうどうしょうは脊髄の中心付近に空洞ができるため、脊髄の中を走っている神経が圧迫または遮断されてしまい、近くの消失などいろいろな障害が生じる病気です。

原因

先天的な異常によるものと考えられていますが、脊髄の炎症や外傷などにより後天的に生じるケースもなくはありません。

また、腫瘍が軟化することによって空洞が発生したり、血流障害が原因となって発病したりするケースもみられます。

症状

先天性の場合は20~40代ぐらいの頃に症状が出てくることが多いのですが、小児期後半や思春期にあらわれることもあります。一般に症状の経過はごく緩慢で、徐々に進行していきます。

脊髄神経のうち、温度や痛みの感覚を伝える神経は中心部付近にあり、触覚を伝える神経は逆に周辺部を通っています。

空洞は、脊髄の中心付近にできるため、前者にのみ障害を受けることも多く、その場合、触覚は保たれているのに、温度や痛みの感覚はないという特徴的な症状があらわれます。

これにより、やけどや外傷を負いやすくなります。

また、運動神経障害によって腕や手の筋力が低下し、進行すると筋肉が萎縮してやせていき、歩行障害も起こります。さらに、自律神経の障害から異常に汗が出るなどの症状のほか、皮膚の潰瘍や萎縮、爪が萎縮してもろくなるといった症状もみられます。神経の走り具合は複雑なので、空洞の形や大きさによって、障害の程度や性質もさまざまです。脊髄のなかでも頚髄や延髄に発生することもあり、その位置によっても症状のあらわれ方が違います。

診断・治療

特別な治療法はなく、治療として脊髄へのX線照射などが行われますが、対症療法にとどまっているのが現状です。外科手術が効果を上げる例もみられますが、これも治療法として確立された段階ではありません。

そのほか、感染症などの合併を起こさないよう、予防的措置も講じます。

予後・経過

温度に関する感覚を失うため、熱さや冷たさを感じることができず、やけどや凍傷を起こしやすくなりますから、日常生活における注意が必要になります。

脊髄

全身にくまなくはりめぐらされた神経の中心。脳とともに、からだの刺激を受けて反応し、必要に応じて各神経に命令する機能をもちます。