急性壊死性出血性膵炎



受診科:内科・消化器科
膵臓から分泌された消化酵素によって膵臓自身、あるいは周囲の臓器が消化されてしまう不思議な病気です。

原因

急性膵炎すいえんでもっとも多い原因は、胆道系の病気で、とくに胆石症があると起こるものです。

さらに、アルコールの飲みすぎによってもアルコール性急性膵炎を発症します。

そのほか原因不明のものも、20~40%ほどあります。

症状

腹痛がありますが、とくに上腹部に激しい痛みがあります。その痛みは炎症を起こしている間はずっと持続し、腹部から背中のほうへとひろがり、時には左右に感じることがあります。そして38度台の高熱がみられ、吐き気や嘔吐を伴うことがほとんどです。

また、おなかが張ってきたり、皮膚の色が黄色くなってきたりすることもあります。さらにひどくなると、血圧が下がってショックを生じ、精神不安定、幻覚などの精神障害もあらわれます。

そのほか、肺合併症をおこし、呼吸不全となることもあります。

診断・治療

血液中のアミラーゼの値が高くなるのが、この病気の特徴です。

高アミラーゼ血症は膵疾患者以外でも生じることがあるので、膵型(P型)のアミラーゼの上昇であることを確認します。

白血球数や尿中のアミラーゼ、尿糖の検査もします。重症例では血中カルシウム値が上昇することがあります。

さらに胸腹部X線撮影で胸水の有無や、腸のガス像の確認をします。典型的には、腸閉塞傾向の所見がみられます。

CT(コンピューター断層)、超音波などで大きく腫大した膵臓を確認できます。

これらの件さで急性膵炎とよく似た症状の胃・十二指腸潰瘍かいよう穿孔せんこう、胆石症、腸閉塞などの病気と識別することができます。

治療は、痛みをとるために麻酔などの鎮痛剤を注射します。頑固な疼痛に対しては麻酔薬によるブロックも行われます。

また、安静と絶食も必要です。膵液の分泌を抑えるために絶食を行いますが、この間は点滴で栄養補給を行います。ただし、重症の場合には中心静脈輸血でコントロールします。細菌感染に対しては、抗生物質が投与されます。

こうした治療ではよくならない重要な場合(急性壊死性出血性膵炎など)は、外科的な手術をすることもあります。

予防

アルコール性膵炎の場合は禁酒を厳守し、胆石がある場合は治療を行うなど、原因を取り除くようにします。暴飲暴食もさけるように心がけましょう。食事は脂肪量の少ないものをとるようにすると、再発の予防につながります。

インスリン

膵臓からは「インスリン」というホルモンの一種が分泌され、血液によって体中に運ばれて、生理機能を調整しています。

インスリンは、細胞の表面にある受容体という、いわば鍵穴に結合し、その細胞が血液中のブドウ糖を取り込む手助けをします。