急性扁桃炎



受診科:内科・耳鼻咽喉科
扁桃(のど)に急性の炎症が生じます。扁桃には咽頭扁桃や舌扁桃などがありますが、口蓋扁桃こうがいへんとうと呼ばれる、口の正面奥にあたる部分を中心に炎症が起こることが多く、赤くはれて痛みます。子どもに多い病気です。

原因

過労や睡眠不足でからだの抵抗力が弱まり、かぜのウイルスに感染した際、口蓋扁桃で細菌が繁殖して発病するという経過がもっとも多く見られます。原因菌にはβ溶連菌ベータようれんきんなどがあります。

症状

急にひどい寒気がして、38~40度の高熱がでます。のどが赤くはれ上がって強く痛み、ものを飲み込むのが苦痛になります。炎症が悪化すると、呼吸困難を起こし、白い膿で扁桃がおおわれることもあります。

診断・治療

扁桃を視診すれば診断はつきます。治療に用いる抗生物質の種類を決めるため、細菌を採取して、その種類を調べることもあります。高熱などの症状が強く、扁桃拭液の培養検査をしてからでは治療が間に合いませんので、普通は抗生剤投与や注射などをします。治療には安静が第一で、入浴や喫煙、飲酒も控えます。

抗生物質で細菌を抑え、症状に応じて鎮痛解熱剤や抗炎症剤も用います。うがいやトローチも有効ですが、医師の指示に従ってください。

予後・経過

発病を繰り返す(年に数回)ようなら、扁桃を手術で切除することを検討してもよいでしょう。

喉スプレー症候群

かぜをひいてのどが痛くなったため、薬を飲んだり、のどにシュッとかけるスプレーをさんざん試したり、うがいの回数を増やしたり。それでもいっこうに良くなりません。そこで医者にかかり、いろいろな薬(抗生剤やら鎮痛剤やら)をもらって飲んでも治らず、焼けつくようなのどの痛みが続き、夜も眠れなくなる。という不思議な病気があります。

のどをみると全体的に咽頭がむくんでいます。これは、のどスプレーやうがい薬で刺激しすぎたことが原因となってしまった症状だったのです。すべての薬、スプレーやうがいをやめれば、2日ぐらいで良くなってきます。のどの消毒もほどほどに・・・

やりすぎは逆効果の一例です。