鉄欠乏性貧血


受診科:内科・血液科
鉄欠乏性貧血てつけつぼうせいひんけつ
貧血の中でもっとも多いものです。鉄が不足したためにヘモグロビンがつくれなくなって、貧血を起こす病気です。

原因

ヘモグロビンの成分はたんぱく質と鉄ですが、体内の鉄が不足してくると、ヘモグロビンがつくれなくなり、貧血が起こります。

健康な人の場合、鉄は体内に300~4000mgあります。このうち血液中を流れる赤血球のヘモグロビンの量は、その約65%です。

鉄は体内でつくれませんから、食事で補給しなくてはなりません。大量に出血したり、鉄が不足した状態が続いたりすると、貧血になります。

とくに女性の場合は月経時に大量の鉄を失いますし、妊娠中には胎児の発育に大量の鉄が必要であるため、貧血になりやすい状態となります。鉄欠乏性貧血が若い女性に多いのも、こうしたことが原因のようです。

また、男性や閉経後の女性の貧血は、胃・十二指腸潰瘍などの消化器官からの出血や痔のために起こることが多いようです。

症状

鉄欠乏性貧血に特有な症状はありませんが、一般的な貧血の症状は顔色が悪い、疲れやすい、耳鳴りなどのほか、症状がひどくなると、爪が反り返り中央部がくぼんでスプーン状になることがあります。

また、食べ物が飲み込めなくなる嚥下障害や、ふつうは口にしないもの(土や釘など)が食べたくなる異食症がみられることもあります。

診断・治療

鉄欠乏性貧血になると赤血球の大きさが小さくなるとともに、一個あたりの赤血球のヘモグロビン量が減少します。さらに血清鉄の低下、フェリチンの低下、不飽和鉄結合能の上昇があれば、この病気と診断されます。

診断後は、その原因を確定するために消化器系の検査や婦人科的検査や、その原因の治療を行います。

原因さえはっきりすれば、治療は簡単です。1日1~2錠の鉄剤の服用、あるいは鉄剤の静脈注射を週に1~2回行います。

このとき便の色が黒くなりますが、これは鉄剤が変化した色なので心配ありません。

フェリチン

脾臓や肝臓などに存在する、鉄の貯蔵に必要な水溶性たんぱく質

ヘモジデローシス

体内で鉄分の貯蔵に関わるフェリチンという物質があり、その分子が一部変成して鉄原子を取り込むとヘモジデリンという色素になります。ヘモジデローシスとは、ヘモジデリンが皮膚内に沈着し、顔色などがどす黒い感じになる症状です。

予後・経過

鉄が貯蔵されてきたら、鉄剤の服用は必要ありません。

ただし、再発しないように3ヵ月に1回ぐらいは検診を受けるように心がけてください。

貧血予防のための食事

貧血を起こす人の多くは、酒飲みでなければ、鉄欠乏性貧血だといわれています。鉄は食事によって補われますので、レバーなどの鉄を多く含む食材をとり鉄の摂取量を増やすと同時に、効率よく鉄を吸収できるように考えましょう。

コーヒーやお茶の中に含まれているタンニンという成分は鉄の吸収を妨げるので、食後するのお茶はなるべく控えるというのも手段の一つ。また、胃液の分泌量が少ないと、鉄の吸収が悪くなってしまいますので、香辛料や薬味などを適度にとり、胃に刺激を与えて胃液の分泌を良くしましょう。ビタミンCは鉄の吸収を助ける働きをするので、積極的にとるようにします。

最近はダイエットをしている女性が少なくありません。そのなかには、野菜ばかり食べたり、1日に1食か2食などというように極端に食べる量を少なくしている人がいます。そのような偏食や不規則な食事を続けていると、必要とされる栄養が十分にとれず、貧血だけでなくさまざまな障害が発生する危険が出てきます。

つねに1日3食、規則正しい食生活を行うように心がけてください。きちんとカロリー計算を行って、鉄やたんぱく質、ビタミンやミネラルを適度に含んだ食事をとれば、ダイエットにも効果的で、毎日を活動的に暮らすことができます。

古来より中国では医食同源といわれています。これは食べることも病気を治すことも、生命を養い健康を保つための一手段であって、その本質は同じだという意味で、中国だけに限らず広くあてはまる言葉です。貧血に限らず、どんな病気もふだんからしっかり栄養をとることによって、未然に防ぐことが可能だということを認識しておきたいものです。