慢性腎不全


受診科:内科・腎臓内科<・泌尿器科/span>
慢性腎不全まんせいじんふぜん
徐々に腎臓の機能が低下する病気です。数ヶ月から数年の長期にわたって腎臓の機能が低下し、尿毒症を起こすこともあります。

原因

もっとも多い原因は慢性腎炎で、全体の半数近く占めます。ついで糖尿病性腎症、腎硬化症、慢性腎盂腎炎などです。

症状

初期の段階では自覚症状はみられませんが、排尿の回数が多くなって夜間にもたびたび排尿することで気づくことがほとんどです。これは尿細管の働きが悪くなってにょうを濃縮することができなくなり、水分の排泄が多くなるためです。

こうした状態がさらにひどくなると、尿毒症の症状があらわれます。尿毒症は、尿の中に排泄されるべきものが体内に蓄積して毒性を示すもので、腎機能がひどく低下した状態です。この毒性の物質は、全身の臓器にさまざまな影響を与えます。

頭痛、無気力、吐きけ、嘔吐、だるさ、食欲低下、下痢がおもな症状で、重症の場合は幻覚症状やけいれん、昏睡などもみられ、大事に至ることもあります。

また、高血圧が起こってきますが、慢性腎不全の場合は経過が長期にわたるため、動脈硬化になることもまれではありません。さらに血液中にカリウムが蓄積して高カリウム血症を生じたり、不整脈も生じます。

診断・治療

糸球体ろ過値が正常値の半分以下になると、慢性腎不全と診断されます。はじめは、たんぱく質の代謝で生じる尿素窒素やクレアチニンという物質の蓄積が血液検査で発見されます。さらにひどくなると、尿酸やリンなどの増加もみられます。

また、糖代謝や脂質代謝にも異常をきたし、エリスロポエチンという造血ホルモンが減少すると、貧血が起こりやすくなります。

慢性腎不全の治療は、これ以上腎臓が悪くならないためにはどのようにするかということが基本となります。最初は食事療法で症状の悪化を抑え、それでも良くならないときは透析療法を受けます。

食事療法はカリウムやリンを控え、たんぱく質の摂取量を少なくします。健康な成人に必要な1日のたんぱく質摂取量は70~80gですが、腎機能が20%以下になった場合は、健康な人の半分近くに抑えます。

ただし、筋肉などを維持する一定量のたんぱく質は必要です。注意すべきことは、摂取エネルギーを減らさないことです。摂取エネルギーが減ると、からだは筋肉などをつくっているたんぱく質で不足するエネルギーを補うため、老廃物を増やしてします結果になるからです。0.6g/kgの低たんぱく食と、35kcal/kg以下の高カロリー食が基本です。

こうした食事療法でも症状が良くならない場合は、透析療法を行います。透析療法は、腎臓の働きを人工的に代行するものです。しかし完璧な治療法ではなく、あわせて薬物療法も行わなければなりません。合併症に気をつけながら継続することになります。透析療法を受けている患者で医学的、社会的条件が整い、腎臓の提供者があれば腎移植を行うこともあります。

エリスロポエチン

赤血球の生産を促進する因子

予後

食事療法については、症状に合わせた食事指導を栄養士から受けて、自己管理をきちんと行うことが大切です。

また透析療法については、薬の服用や生活管理の指導を正しく受けて守れば、健康な人とほぼ同じ生活ができます。