生活習慣を見直そう

病気はある日突然なるのではなく、毎日の悪習慣の積み重ねで、徐々に身体に負担がかかり、その結果、発病すると考えられます。健康体を維持するには、こうした悪習慣を止めることが第一です。

たばこ

喫煙 タバコ たばこ

たばこは末梢の血流を悪くし、がんを始めとした様々な病気の起因となるものです。できれば禁煙しましょう。

どうしても、禁煙できない場合は驚異の吸い心地!電子タバコで禁煙ライフ!【JPvapor】
などの電子タバコを使用し、すこしでも喫煙を減らしましょう。

ストレス

ストレス

ストレスは心の病だけでなく免疫力が落ち、がんなどの怖い病気を誘引します。大きくならないうちにストレスを発散しましょう。

Dr’sラフマ葉GABAなどのサプリメントを摂取することでストレス解消となることもあります。

ハーブ専門店「enherb(エンハーブ)」などでハーブティーを楽しみ、リラックスすることも効果的です。

寝不足

寝不足

寝不足になると集中力が低下し、免疫力、新陳代謝などにも影響します。個人差はありますが、1日に7~8時間睡眠をとると長生きすると言われています。

Dr’sラフマ葉GABAなどで、質の高い睡眠をとるのも良いです。

また、眠りの「個性」に合わせる敷ふとん【シンカシング】などで、寝具にこだわることも良いでしょう。

暴飲暴食

暴飲暴食

暴飲暴食は胃腸、肝臓などに大きな負担がかかります。また、肥満は重大な病気の原因となるので十分注意しましょう。

【DSアディポ】は肥満・メタボ外来で糖尿病専門の岡部クリニックを設立した岡部正(おかべただし)先生が監修し開発されました。

アディポネクチンは人間の健康維持に、最も重要な役割を持つホルモンとして、現在、世界中の研究者が注目している物質なのです。人は太るとアディポネクチンが減る。そのために病気になりやすくなる。だから肥満は寿命を減らす、ということになるわけです。なので生活習慣病全般に関係するホルモンであるといわれています。 (岡部正先生)。

体を動かすことの大切さ

人間の体は動かさないでいると、機能が退化し、病気を引き起こします。また、運動不足は肥満の原因にもなります。運動をすると心肺機能や循環機能もアップするので、毎日適度な運動をするように心がけましょう。

できれば、短時間の激しい運動よりも、適度な有酸素運動を長時間続ける方がいいとされています。

運動開始から20分間は、血中に含まれている糖質をエネルギーに変えています。体内に蓄積された脂肪を分解してエネルギーに変えるのは、運動開始から20分後から。

そこで、少なくても40分以上は有酸素運動をするとダイエット効果が期待できます。運動による消火カロリーの目安を紹介します。

100カロリー消化するには

ウォーキング
ウォーキング
25分

体操
体操
約30分

自転車
自転車
約20分

水泳
水泳
約5分

ゴルフ
ゴルフ
約20分